食料自給率を上げるには国産食材を食べて生産者を応援!【食べチョクがおすすめ】

食料自給率を上げるには国産食材を食べて生産者を応援!【食べチョクがおすすめ】
最近、日本の食料自給率に関するニュースを見ました。
食料自給率を上げるにはどうしたらいいんでしょうか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
食料自給率を上げるには、やはり国産食材をたくさん消費することが大事です。
国内の農家や漁師といった生産者を応援することが食料自給率アップに繋がります。
なるほど!
ちなみに私たちにもできる支援って何かありますか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
それなら国内の生産者から直接食材を購入できる『食べチョク』を利用してみてはいかがでしょうか?
食べチョクには日本全国の農家などが登録していますから、きっと食料自給率アップに役立ちますよ!

現在のところ、日本は世界の中でも経済的に裕福な国と思いがちですが、実は様々な問題を抱えています。

今回ご紹介するのはそのうちのひとつ「食料自給率」に関わる問題です。

日本の食料自給率というのは先進国の中で最低ランクの水準となっています。

そのため、国は食料自給率を上げるために色々な政策を打ち出しています。

しかし、実際に食料自給率アップを達成するには自分たち自身が日々の食生活について考えていかなければなりません。

ここでは「食料自給率を上げるにはどうしたらいいのか?」をテーマにしながら、食料自給率が低いことによる問題点などを解説していきます。

食料自給率問題は決して他人事ではありませんので、ぜひこちらの内容を最後までご覧になっていってください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

日本の食料自給率を上げるには?普段から国産食材を購入しよう【おすすめは食べチョク】

野菜の風景, 庭, 野菜, トマト, キノコ, パプリカ, 人参, タマネギ, ハーブ, バジル, パセリ

結論から先に言いますと、食料自給率を上げるには「普段から国産の食材を消費すること」が重要です。

また、農作物などを作っている生産者から直接食材を買うという行為も大切になってきます。

そこでおすすめしたいのが『食べチョク』という食材のECサイトです。

食べチョクの特徴は日本全国の農家が自ら登録をおこない食材を販売しているところです。

食べチョクで食材を買うということは生産者を直接支援することに繋がります。

国内の農家が継続して事業を続けられる環境が整えば、食料自給率の問題も解決の方向に向かっていくわけです。

ということで、まずは食料自給率問題について順を追って説明していきましょう。

食料自給率とは?

食料自給率とは、「日本全体に供給された食料」における「日本で生産した食料」の割合を指します。

仮に日本人全体が消費する食料の量が100トンだとして、そのうち国産食材は何トン使われたのか?ということを表しているわけです。

これが50トンなら食料自給率は50%となるのですが、そんな食料自給率には2つの考え方があります。

【食料自給率に対する2つの考え方】

  • カロリーベースの食料自給率
  • 生産額ベースの食料自給率

カロリーベースの食料自給率とは、日本人全体が摂取した食料のカロリーを元に食料自給率を求める考え方です。

これに対して生産額ベースの食料自給率とは、出荷された食材の価格や輸入した食材の価格を元に食料自給率を求める考え方となります。

【令和元年の食料自給率】

  • カロリーベース:38%
  • 生産額ベース:66%

なお、こちらが日本における食料自給率の割合です。

基本的には輸入食材より国産食材の方が高価格になるので、生産額ベースの食料自給率の方が高くなります。

上記の数字を見てどう感じるかは人それぞれですが、この数字は先進国の中で最低の水準と言えます。

こちらは他の先進国と比べたときの食料自給率の差を表したものです。

ご覧のように日本はかなり低い水準であることが分かります。

この表から分かるのは「日本は輸入食材に頼って生活をしている」ということです。

これがどういった問題になるのかを次に解説していきます。

食料自給率が低いことによる問題点は?

まずは食料自給率が低いことによる問題点を分かりやすくまとめましたのでご覧ください。

  • 食料自給率が低いということは、国内の1次産業に従事する生産者(農家など)が潤っていないということ
  • 国内の生産者にお金が入らないと小規模な農家などは潰れてしまう
  • 農家が潰れるとその地域の雇用に悪影響を与える
  • 農家は事業を継続させるために安い労働力を求める
  • 結果として日本人の雇用率が下がる
  • さらに潰れた農家が使っていた土地を外資系企業(中国など)に買われてしまう
  • つまり日本の土壌や水源といった自然資源が外国のものになってしまう

このように、国内の生産者に適切なお金が流れないと、最終的には日本の国土が外国のものになってしまう可能性があるわけです。

もちろん日本人の雇用率低下、都市部との賃金格差、地方の過疎化といった問題も加速化していきます。

日本の国土の大半は農地や森林です。

そうした土地を他国の企業に売るということは日本の外国化が進むということに繋がります。

「日本人だから仕事がある」「日本だから食べ物には困らない」といった考え方が通用しなくなったとき、自分たちの子供や孫が困ってしまうかもしれません。

だからこそ今の世代で食料自給率を上げて、日本の雇用や土地を守らないといけないわけです。

食料自給率を上げるためにおこなわれている活動

日本の農林水産省は2025年までに食料自給率(カロリーベース)を45%にアップさせることを目標としています。

こちらは令和元年までの食料自給率推移表ですが、ここから5年ほどでカロリーベースの食料自給率を45%までに引き上げたいということです。

これを実現するために、国内の生産者たちは色々な活動をおこなっています。

たとえば北海道・帯広市ではパンの製造業者と地元十勝の農家が連携し、国産食材を使った商品の開発・販売をしています。

十勝産素材を使用したパンの製造・販売北海道帯市にあるパン製造・販売業の(株)満寿屋商店は、製造するパンの原料となる小麦を地元の十勝産にするとともに、砂糖、バターや卵、小豆、野菜等についても十勝産を取り入れています。これらのパンは「十勝産小麦 100%使用」等と表示されて販売が行われており、同社全体で 9 億円の売上げがあります。
平成 21(2009)年には、十勝産小麦を 100%使用したパンだけを販売する店舗を展開するとともに、体験農場も併設するなど、農業を身近に感じられる店づくりを工夫しています。

引用:https://www.maff.go.jp/j/wpaper/w_maff/h22/pdf/z_1_1_3.pdf

こうした取り組みは全国各地でおこなわれています。

しかし、やはり国全体の食料自給率を上げるには個人の意識を変えることが必要です。

普段から「どこで生産された食材なのか?」を意識しないと食料自給率の問題は解決しません。

また、出来る限り国内の生産者に直接お金が入る仕組みを考えることも大切と言えます。

そこで今おすすめしたいのが、国内の生産者たちが実際に登録をおこなっている「食べチョク」です。

食べチョクは国内の生産者が任意で登録をおこない、自分たちが決めた価格で食材を販売できるECサイトです。

生産者からすると安く買いたたかれることなく、適正な価格で商品を販売できるといったメリットがあります。

そして、消費者の立場からするとそういった生産者から直接食材を買うことが、食料自給率問題の解決に繋がっていくわけです。

食料自給率を上げるには食べチョクを利用して国内の生産者を応援するのがベスト!

ここまで「食料自給率の低下がどういった問題を引き起こし、どうすれば食料自給率が上がるのか?」ということについて解説してきました。

個人に出来る答えとしては、やはり国内の生産者から直接食材を購入するのがベストです。

そして、その方法のひとつとして提案したいのが「食べチョク」の利用となります。

食べチョクは普通のショッピングサイトと同じような形で使えます。

特に年会費や登録料などは掛かりませんので安心してください。

消費者は興味を持った食材・欲しい食材を選んで購入するだけです。

食材によっては定期購入で安くなるもの、コロナ支援のために送料が無料になっているものなどがあります。

感覚としてはお取り寄せグルメを買うイメージですので、ぜひ気軽に利用してみてください。

ということで、食べチョクで販売されている国産食材の一例をご紹介しておきましょう。

食料自給率アップ×食べチョク①北海道「小麦の香りを楽しめる!十勝のかおりうどん乾麺8束」

小麦の香りを楽しめる!十勝のかおりうどん乾麺8束

小麦は食料自給率が低い品目のひとつです。

そのため、日頃から国産小麦を使った食材や食べ物を選ぶことは食料自給率アップに繋がります。

こちらの商品は北海道十勝産の小麦を100%使った「うどん乾麺」です。

国産ならではの美味しさが味わえますので、ぜひチェックしてみてください。

食料自給率アップ×食べチョク②佐賀県「最高級A5ランク佐賀牛 (400g)」

【焼肉用 赤身肉】最高級A5ランク佐賀牛 (400g)

品目別の食料自給率を見てみると、実は牛肉というのもそこまで自給率が高くありません。

牛肉の食料自給率はだいたい35%くらいとなっていますので、国内の畜産農家はだいぶ苦労をしているわけです。

食べチョクには全国の畜産農家が多数登録されています。

こちらはA5ランクの佐賀牛ですが、ほかにも高品質な牛肉や手頃な価格の牛肉が揃っていますので、どうぞホームページをご覧になってみてください。

たまの贅沢にA5ランクの牛肉を味わってみるというのもおすすめです。

食料自給率アップ×食べチョク③山梨県「真夏の果物詰め合わせ!農家のおまかせセット」

【フルーツの福袋】真夏の果物詰め合わせ!農家のおまかせセット

果物も意外と食料自給率が低い品目のひとつです。

スーパーに並ぶ海外からの輸入品が売れて、国産の果物が手に取られなくなってきているのかもしれません。

そうした果物農家・果樹園を支援する際にも食べチョクはおすすめです。

こちらは山梨県の果物農家が販売するおまかせセットですが、もちろんほかにもたくさんのフルーツが揃っています。

国産フルーツはギフト用としても人気がありますので、ぜひチェックしてみてください。

食料自給率アップ×食べチョク④長崎県「フルーツ魚 平戸なつ香ブリ」

青空レストラン に出た フルーツ魚 平戸なつ香ブリ(半身・真空パック・あら無し)約1kg 【夏ギフト】 のし対応可能

日本は島国なので、漁業は1次産業の中でも欠かせません。

食べチョクには色々な漁師や水産加工業者が登録されているので、お取り寄せグルメ感覚で利用するのもおすすめです。

こちらはテレビにも特集された実績のある「平戸なつ香ブリ」です。

エサに平戸産のサマーオレンジ「平戸夏香」を加えていて、ブリ自体から甘い香りがしてくるということから話題になっています。

こうした人気食材を生産者から直接購入できるところが食べチョクの魅力です。

食料自給率アップ×食べチョク⑤和歌山県「おまかせ野菜詰め合わせ2~3人前」

【季節野菜セット】食べごろ!贅沢な!おまかせ野菜詰め合わせ☆お二~三人様用

国産野菜はカロリーベースの食料自給率が低い品目のひとつです。

もともとヘルシーな食材なのでカロリーベースで考えると食料自給率が落ちるのは仕方ないのですが、生産額ベースで考えても100%には届いていません。

また、野菜はフードロスに繋がる可能性が高い食材でもあります。

そのため、日本人としては積極的に国産野菜を消費していくべきと言えます

食べチョクでは単品の野菜からこうした野菜セットまで幅広く販売されていますので、食材のまとめ買いをするときにもおすすめです。

さらに定期購入することで安くなる生産者もたくさん登録されていますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

まとめ

日本の食料自給率を上げるにはどうしたらいいのか?をテーマに話を進めてきました。

結局のところ個人で出来る支援・努力で考えると、なるべく国産食材を買うようにするしかありません。

そして、その際には生産者から直接食材を買うというのが大事になってきます。

食べチョクは生産者と消費者を繋げるために立ち上げられたECサイトです。

食料自給率の問題が気になっているという方は、ぜひ一度ホームページを見ていただき実際に利用してみてください。

そうした行為が将来の日本の1次産業を支えることになります。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

こだわりカテゴリの最新記事