ジビエの通販なら食べチョクがおすすめ!【人気が高い商品をご紹介】

ジビエの通販なら食べチョクがおすすめ!【人気が高い商品をご紹介】
ジビエ料理を自宅でも味わってみたいんですが、どこかおすすめの通販サイトってありますか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
ジビエ食材の通販サイトをお探しなら『食べチョク』がおすすめですよ!
全国各地のジビエ食材が豊富に揃っていますからね。
そうなんですね!
ちなみにおすすめのジビエには何があるかしら?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
食べチョクならジビエ食材としてポピュラーな鹿肉やイノシシ肉のほかにも色々な種類が揃っていますよ!
中でもおすすめのものをピックアップしていきましょう!

ジビエとはフランス語で「天然の野生鳥獣肉」を意味する言葉です。

日本でジビエに該当する天然の野生鳥獣というと鹿やイノシシが一般的ですが、ほかにもキジや熊といったものが地方によっては食べられています。

そんなジビエ料理は都市部のレストランなどでも提供されることが多くなり、ここ10年ほどの間ですっかりとポピュラーな存在になってきました。

そのため、街中の飲食店でジビエ料理を食べたことがあるという方も多いでしょう。

この記事ではそうしたジビエ料理を自宅で楽しみたい方のために、通販でジビエ食材をお取り寄せできる『食べチョク』についてご紹介していきます。

食べチョクではたくさんのジビエ食材が販売されていますので、ぜひ興味がある方は参考にしていってください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

ジビエの通販なら食べチョクがおすすめ!理由や人気の高い商品をご紹介!

ステーキ, 肉, 牛肉, 食べる, 食品, 牛ステーキ, おいしい, メインコース, ランチ, 栄養, 作

食べチョクというのは1次生産者から直接食材を購入できるECサイトです。

中にはジビエ食材を取り扱っている生産者も多くいますので、ジビエ料理が好きな方にとってはまさに最高の通販サイトと言えます。

そんな食べチョクの魅力をまずは簡単にまとめましたのでご覧ください。

食べチョクにはジビエ食材の出品者が多数登録されている!

食べチョクには国産の鹿肉やイノシシ肉を出品している生産者がたくさん登録されています。

中には狩猟から加工まですべてを自社で賄っているところも多く、そうした生産者を選べば上質で美味しいジビエ食材を購入することが可能です。

また、ご覧のように一般的な食品通販サイトより生産者の情報が詳しく分かるところも食べチョクの特徴です。

自分が食べる食材がどうやって獲られているのか?そしてどんな加工をされているのか?という点を知ることは消費者にとって重要なポイントです。

そうした細かい部分に配慮されているところが食べチョクをおすすめする理由でもありますので、ぜひ一度ホームページをご覧になってみてください。

食べチョクなら珍しいジビエ食材が手に入る!

食べチョクをチェックしておくと時には珍しいジビエ食材が手に入ることもあります。

たとえばこちらは穴熊(アナグマ)の精肉なのですが、一般的に見かける機会は少ないと思います。

このように、普通のジビエ食材ではもの足りないといった方にも満足してもらえるのが食べチョクの魅力です。

また、ほかにも部位によってはなかなか貴重なジビエ食材も販売されています。

こちらは牛タンならぬ鹿タンです。

鹿のタンは牛タンよりも小さく、獲れる量が少ないので希少価値の高い食材と言えます。

一般的に鹿のタンは牛タンよりあっさりとした味わいが特徴的とされていますが、興味がある方はこうしたジビエ食材も試してみてください。

食べチョクでジビエ食材を買ってみたい!利用方法は?

次に、食べチョクでジビエ食材を買ってみたいと思ったらどうしたらいいのか?という疑問を解消していきます。

とは言っても、食べチョクの利用方法は普通の通販サイトと同じような形です。

初めて食べチョクを利用するときの流れ

  1. 欲しい食材・食品を選んでカートに入れる
  2. 商品購入ページへと進む
  3. 会員情報を入力する(先に無料会員登録をしておくとスムーズ)
  4. 支払い方法・お届け先・お届け日を選択する
  5. 購入情報を確認して完了

食べチョクを利用する際には無料会員登録が必要となります。

もちろん「無料」となっていますので、商品を買うまでは何の費用も発生しません。

また、食べチョク=定期購入といったイメージを持っている人もいるかもしれませんが、一般的な通販サイトと同じで1回限りの注文も受け付けています。

そのため、気になるジビエ食材があればそれだけを購入することが可能です。

会員登録に関しても難しいことは何もありませんので、ぜひ登録をしてみてください。

ということで、次は実際に販売されているジビエ食材の中からおすすめの商品をピックアップしていきたいと思います。

食べチョクでおすすめのジビエ食材をご紹介!

肉, 豚のステーキ, チキン, バーベキュー, 夏, 恩恵を受ける, グリル, 焼き, 厳しい尋問, おいしい

食べチョクではジビエ肉から加工食品まで様々な商品を取り扱っています。

ジビエ好きの方が自宅で簡単にその味を楽しめる商品がたくさんありますので、ぜひこの機会に利用してみてください。

食べチョク×ジビエ①KURKKU FIELDS「シャルキュトリー(ジビエおまかせセット」

シャルキュトリー(シェフ’sセレクト)

千葉県木更津市にある「KURKKU FIELDS」は1次産業から3次産業までをこなす農家です。

そんなKURKKU FIELDSにはフレンチレストランで腕を磨いたシェフがいて、地域の猟師が獲ったイノシシや鹿を丁寧にさばき加工までをおこなっています。

なお、こちらはジビエ好きの方のために用意されたセットとなっていて、以下のものが詰め合わされています。

  • 猪野菜ソーセージ 100g
  • 猪ビアヴルスト 60g
  • 鹿チョリソ 100g
  • 鹿コンビーフ 30g
  • ジビエテリーヌ 100g

基本的にはすでに加工されている食品ばかりなので、ジビエ初心者の方にもおすすめできるセット内容です。

これからジビエの味にハマっていきたいという方もこちらのセットを頼んでみてください。

もちろんどの食品もフレンチのシェフが手掛けるものなので味わいは絶品です。

捕獲されてからすぐにさばいているということもあり、臭みなどはまったくありません。

食べチョク×ジビエ②保坂幸徳「気軽にジビエ鍋!柔らかい赤身肉!鍋用鹿肉スライス200g」

気軽にジビエ鍋!柔らかい赤身肉!鍋用 鹿肉スライス200g

こちらは鍋用にぴったりの鹿肉スライスです。

山梨県北都留郡丹波山村で鹿の捕獲から肉の加工までをおこなう会社が販売している商品で、使っているのはすべて同地域で捕らえた鹿肉のみとなっています。

こだわりは捕獲した鹿を2時間以内にさばき、その後4日間ほどじっくりと熟成させている点です。

すぐにさばくことによって臭みがなくなり、そして熟成されることで肉自体がしっとりと仕上がっています。

こちらも初めてジビエ料理を食べる方におすすめの食材となっていますので、ぜひクセがなく旨みの強い鹿肉を味わってみてください。

食べチョク×ジビエ③キジトラ招福堂「2021年産猪肉バラブロック420g」

2021年産猪肉【バラ】420g ブロック おうちでジビエ♪甘〜い脂がほとばしる‼︎

岡山県井原市大江町にある「キジトラ招福堂」では主にイノシシの狩猟と加工、無農薬野菜の栽培をおこなっています。

自ら狩猟したイノシシを販売しているだけあって、肉の部位ごとの特徴や美味しさを熟知しているところがキジトラ招福堂をおすすめするポイントです。

こちらはそんなイノシシ肉でも特に旨みが濃いバラ肉ブロックとなります。

バラ肉は脂身と赤身の両方が味わえる部位で、イノシシの美味しさを存分に味わえます。

そのまま焼いても煮込み料理にしても格別の味わいが楽しめますので、ぜひジビエ好きの方は頼んでみてください。

食べチョク×ジビエ④ジビエ猪之国「鹿肉食べ比べセット」

福岡産【鹿肉】各部位食べ比べセット600g+ミンチ150g

福岡県田川市にある「ジビエ猪之国」では自分たちで捕獲したイノシシ肉や鹿肉の加工・販売をおこなっています。

2018年に設立された新しいジビエ加工施設なのですが、3名の職員すべて狩猟免許を持っているところが特徴的な部分です。

今回おすすめするのは鹿肉の食べ比べセットで、以下のような部位を味わうことができます。

・鹿肉約600g
⇒取り扱い部位:ロース、ウデ、ネック、トウガラシ、ミスジ、ヒレ、バラ、ランプ、外モモ、内もも、シンタマ、スネ(このうち3~5種類が小分けパックになって同梱される)
・鹿肉ミンチ150g

各部位ごとにおすすめの調理法を記したレシピパンフレットも付いてくるので、すべてのお肉を美味しくいただけます。

なお、ジビエ猪之国は天然の野生獣肉の安全性にも配慮している食肉業者です。

提供するジビエ肉はすべて「野生獣肉処理責任者」の資格を所持する職員の指導のもと出荷されています。

こうしたことから安心して美味しい鹿肉やイノシシ肉が食べられるようになっていますので、ジビエ好きの方はぜひチェックしてみてください。

食べチョク×ジビエ⑤本川手箱きじ生産企業組合「きじ重2人前」

きじ重 120g(2人前)

キジは日本古来から食べられている鳥の一種であり、国内ではいわばジビエ肉筆頭のような存在です。

ちなみに、キジは少なくとも平安時代から食用肉として扱われていて、その歴史は牛肉や豚肉より遥かに古いものがあります。

そんなキジ肉は低脂肪高タンパクであり、一般的な鶏肉の半分しかカロリーがないというところが特徴的です。

そのため、ダイエットをしている人でも安心して食べることができます。

なお、こちらの商品は高知県の「本川手箱きじ生産企業組合」が生産・加工するキジ肉を使っているので、正確にはジビエ(天然の野生鳥獣ではない)に該当しません。

ただ、キジ肉は本場フランスでも評価の高いジビエ食材なので、あえてここではピックアップしました。

しっかりとした歯ごたえのキジ肉と甘辛いタレがマッチした「きじ重」はまさに絶品の味わいなので、ぜひ一度味わってみてください。

【購入はこちらから】
きじ重 120g(2人前) ¥2,220

食べチョク×ジビエ⑥にいつまオーガニックファーム「あひるのソーセージ」

【数量限定】【ジビエ】☆あひるのソーセージ☆(180gの1パック×2セット)

最後にご紹介するのはジビエ料理の中でもちょっと珍しい「あひるのソーセージ」です。

販売している「にいつまオーガニックファーム」は福島県広野町にある米農家で、普段は米作に励んでいます。

そんな米農家であるにいつまオーガニックファームでは、美味しいお米を作るために合鴨農法ならぬ「あひる農法」を導入しています。

あひる農法とは合鴨農法と同じようにあひるの雛を水田に放し、稲作に不要な害虫などを駆除してもらう無農薬・減農薬農法のひとつです。

毎年お米が出来上がる秋まではあひるに水田を見てもらうわけですが、成長したあひるは稲穂を食べてしまうため処分する必要があります。

そのときのあひるを利用して作られたのが「あひるのソーセージ」です。

一見すると「かわいそう」といった意見も聞こえてきそうですが、生産者のにいつまオーガニックファームではそれも食育のひとつとして捉えています。

そのため、地元の小学生などが社会科見学に訪れた際にはあひる農法の意味とあひるの将来についてしっかりと語るそうです。

こうした観点からの食育というのは今後大事になってくるかと思いますが、あひるの肉を無駄にしないためにもせめて美味しく味わっていきたいところです。

まとめ

ジビエ食材を手軽に購入できる「食べチョク」のおすすめ商品をご紹介してきました。

もちろん食べチョクにはご覧いただいた商品以外にもたくさんのジビエ食材が並んでいます。

ポピュラーなものから珍しいものまで様々なジビエ食材を購入できますので、ぜひ興味がある方はサイトをチェックしてみてください。

すでに加工されているジビエ食材も多いので、初めての人でも気軽に注文できますね!
食べ子さん
食べ子さん

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

こだわりカテゴリの最新記事