食べチョクは飲食店にもおすすめ!【メリットや魅力を解説】

食べチョクは飲食店にもおすすめ!【メリットや魅力を解説】
食べチョクって飲食店の方も使ってるんですか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
食べチョクはプロの方も利用する食材の通販サイトです!
もちろん実際の飲食店でも使われていますよ!
なるほど!
ちなみに飲食の方が食べチョクを利用するメリットやおすすめの商品ってなんですか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
食べチョクには飲食店専用の『食べチョクPRO(プロ)』というものがあります。
そちらを利用するメリットや魅力をお伝えしながら、おすすめの商品もご紹介していきますね!

食べチョクは野菜やお肉などの生産者から直接食材や食品を購入できるECサイトです。

一般的な個人消費に使われることが多いのですが、実は飲食店を経営している方向けのサービスも提供しています。

それが『食べチョクPRO(プロ)』です。

この記事では、飲食店を営む方のために食べチョクPRO(プロ)を利用するメリットや魅力をご紹介していきます。

また、合わせて試しに購入するにもおすすめの商品をピックアップしていきますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

食べチョクは飲食店の方にもおすすめ!利用するメリットや魅力を知ろう!

食べチョクは一般消費者が食材の1次生産者から直接食材を買えるサイトです。

そんな食べチョクでは飲食店を対象とした「食べチョクPRO(プロ)」というサービスも提供しています。

この食べチョクPROには色々なメリットや魅力があるのですが、その代表的なもの以下にまとめました。

食べチョクPRO(プロ)のメリットや魅力

  • 食材を通じて他店との差別化を図れる
  • 自分が求めている食材を相談しながら選べる
  • 生産者と直接繋がることができる

現在、飲食店を営んでいる方の多くは近所の食品卸業者から食材を購入していると思います。

しかし、いつもと同じ業者を使い続けているとメニューがマンネリ化して新しい料理が生まれないといった悩みもあるはずです。

そんな悩みを解消しつつ、お店の新たなウリを発見するのに役立つのが「食べチョクPRO(プロ)」のサービスとなります。

飲食店が食べチョクPRO(プロ)を利用するメリット①他店との差別化が図れる

食べチョクには全国各地の農家・牧場・水産・加工業などが登録されています。

中には地域独自の食材を生産しているところもあり、一般的にはあまり見かけない野菜などを手に入れることも可能です。

たとえば野菜を参考例として挙げると、こういったものを生産している農家が食べチョクには登録されています。

他店にはない新しい料理を開発するときに何かしらのヒントになる可能性が高く、実際に食べてみても美味しいというのが食べチョクを利用するメリットのひとつです。

また、産地や生産者の顔が見える料理というのはお客さんに対して安心感を与えます。

最近は食の安全について考える方が増えてきましたので、普通に売られている食材をただ提供するより「どこの誰が生産した食材なのか」が分かる料理を提供した方が人気も出やすい傾向にあります。

もちろん野菜以外にもお肉やお魚など、旬の食材を取り扱っている生産者がたくさんいますので、ぜひ一度食べチョクをご覧になってみてください。

料理人であればきっと心が躍る食材を見つけられるはずです。

飲食店が食べチョクPRO(プロ)を利用するメリット②希望の食材を相談しながら選べる

食べチョクPRO(プロ)に登録をすると、自身が希望する食材の中から最適なものをセレクトしてくれるようになります。

食べチョクコンシェルジュがピックアップした食材の中から「自分がこれだ」と思う食材を選べばいいだけなので、その使い方は非常にシンプルです。

簡単に言えば求めている食材と生産者をマッチングさせてくれるサービスとなっています。

仮に自身が求める食材が「一般的にはあまり出回っていなく、さらに継続して購入が可能なもの」といった条件でも食べチョク側は希望に合ったものを提案してくれるのでぜひ一度試してみてください。

ちなみに食べチョクPRO(プロ)の利用方法は上記の通りです。

固定費は掛からず、支払いに必要なのは食材の購入代金のみとなっています。

月末締めの翌月末払いという点も魅力的で、キャッシュフローを気にする経営者にとっては使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。

飲食店が食べチョクPRO(プロ)を利用するメリット③生産者と繋がることで今後の発展性が期待できる

食べチョクPRO(プロ)を利用すると生産者と直接繋がる機会に恵まれます。

最近は地方の生産者と都市部の飲食店がコラボして新商品を開発し、それをオンライン上で販売するといったケースも増えてきました。

特に2020年からは新型コロナウイルスの影響によってお店の売り上げがなかなか思うように上がらない方が多いと思いますので、こうした新しい取り組みは非常に重要です。

食べチョクを通じて生産者との関係を築いていけば、飲食店経営者として新しいステージに行けるチャンスが生まれます。

コロナ禍においては従来のスタイルを貫くだけでなく、ニューノーマルに対応した飲食店の在り方も模索していかなければならないということですね。

ただ、「いきなり食べチョクに飲食店登録をして食材を購入するのは気が進まない…」といった方もいると思います。

そんな方は、まずお試しで食べチョクの食材を購入してみてください。

ということで、次に飲食店の方にもおすすめできる食べチョクのおすすめ食材をご紹介していきます。

飲食店におすすめしたい食べチョクの食材5選!【お試し利用に最適】

食品, 夕食, 昼食, レストラン, メインコース, 前菜, プレート, 料理, 肉, グルメ, 食事

「食べチョクを利用してみたいけどいきなりお店の仕入れとして使うには難しそう…」と考えている方のために、お試しにぴったりのおすすめ食材を5つピックアップしてみました。

食べチョクでどんな食材が買えるのか?という疑問の解消にも繋がるので、ぜひ参考にしていってください。

飲食店におすすめの食べチョク食材①ロカポテ「春の京野菜満足セット」

春の京野菜満足セット❗【100サイズ】【7~9品目】

こちらの商品は京都南丹市美山町にある農家「ロカポテ」が生産する京野菜のセットです。

長老山の天然水が流れる自然豊かな大地で育てられた京野菜はどれも至高の味で、試しに購入するにもちょうど良いサイズのセットとなっています。

ちなみに出荷されている京野菜は農薬を使わずに栽培されていますので、食の安全という面でもおすすめができます。

京野菜を使って何か新しいメニューを作れないものかと検討している飲食店の方は、ぜひ一度こちらを試してください。

飲食店におすすめの食べチョク食材②本間農園「ほんまの卵はしあわせ卵 平飼い有精卵」

「ほんまの卵」はしあわせ卵 平飼い有精卵60個

どんな飲食店でも卵を使う機会が多いと思いますが、そんな卵にこだわってみるのも他店との差別化においては重要なポイントです。

こちらの本間農園の卵は食べチョク内でもかなり人気が高い卵で、ときには完売することも珍しくありません。

そんな本間農園の卵を使ってみたいという料理人の方は、ぜひ一度お試し購入をしてみてください。

本間農園は卵を産む鶏をヒヨコの頃から大切に飼育している養鶏場です。

もちろん鶏に対して抗生剤や添加物などを一切与えていません。

また、昔ながらの美味しい卵を食卓に届けるため、手間の掛かる平飼いをおこないながら鶏たちのストレス緩和に努めているところも特徴的な部分となっています。

飲食店におすすめの食べチョク食材③横田農場「2020年 木桶初しぼり・お醤油大瓶」

【2020年しぼり】木桶初しぼり・お醤油大瓶(600ml)1本売り

和食を提供する飲食店にとって欠かせない調味料のひとつが醤油です。

そんな醤油にこだわってみるとお店の料理もワンランク上のものにアップすると思います。

この醤油は埼玉県比企郡小川町にある「横田農場」が手掛けるもので、原材料には横田農場に古くから伝わる在来種「青山在来大豆」と「農林61号小麦」を使っています。

どちらも無農薬・無化学肥料栽培で育てたものであり、発酵には230年続く伝統の木桶を使用しているところが特徴的な部分です。

ちなみにこうした調味料を使うことはお店の料理をブランディングするときに役立ちます。

提供する料理に対してストーリー性を持たせると付加価値が生まれ、その分お客さんからの満足度も上がります。

現在お店で提供している料理のクオリティーを高めたいのであれば、調味料にこだわるのもひとつの手ということですね。

飲食店におすすめの食べチョク食材④マルキ水産「瀬戸内海の鮮魚詰め合わせ」

【数量限定】瀬戸内の鮮魚 2kg詰め合わせ!(80サイズ)

鮮魚を取り扱う飲食店も多いと思いますが、いつもと同じ業者を使っていると仕入れがマンネリ化してくることもあります。

そんなときに便利なのが食べチョクです。

こちらの広島県江田島市にあるマルキ水産では、漁師歴40年以上の内藤希誉志さんがその日に獲った鮮魚をアラカルトに提供しています。

こうした漁師さんと繋がれるところも食べチョクの魅力なのですが、養殖ものと違い時期によって異なる鮮魚を購入できるので料理にも飽きがきません。

時には天然の真鯛やカワハギなどが市場価格より安く仕入れられることもあるので、ぜひ普段からチェックしておきましょう。

飲食店におすすめの食べチョク食材⑤たじまや「隠岐郡海士町産なまこ卵巣干物 ばちこ」

【高級珍味】隠岐郡海士町産なまこ卵巣干物『ばちこ』

食べチョクではこうした珍味を販売する生産者も登録されています。

こちらは島根県隠岐郡海士町にある水産加工業者「たじまや」が手掛ける「ばちこ(なまこの卵巣を天日干しにしたもの)」です。

これまで料亭向けに出荷していた実績からも、小料理屋や居酒屋にはぴったりの食材だと思います。

一度お試しで購入をしてみて品質が良ければ、ぜひ飲食店として繋がりを持ってみてください。

まとめ

飲食店が食べチョクを利用するメリットや魅力、またお試しで購入するのにおすすめの食材などについてご紹介してきました。

もちろんご覧いただいた食材はほんの一部です。

ほかにも同じように飲食店で使える食材が豊富に揃っていますので、ぜひ興味がある飲食店・料理人の方は食べチョクのホームページをご覧になってみてください。

生産者と直接繋がれることは飲食店にとって大きなメリットと言えます。

これからは飲食店に対して食材の産地や特色が求められる時代になってきますので、今のうちからお店にとって有益な生産者を見つけておきましょう。

生産者さん
生産者さん
食べチョクには業務用の食材を出品している生産者もいますので、そちらもどうぞ参考にしてみてください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

こだわりカテゴリの最新記事