フードロスとは?訳あり商品をお得に買うなら「食べチョク」がおすすめ!

フードロスとは?訳あり商品をお得に買うなら「食べチョク」がおすすめ!
最近フードロス問題っていうのが気になっています。
どうやったら自分にも支援が出来るんでしょうか?
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
フードロス問題を解消するためには『食べチョク』のようなサイトから商品を購入して、無駄に廃棄される食材を減らす努力が必要です。
ちなみに食べチョクなら訳あり商品を安く買えてお得ですよ!
本来、廃棄されてしまう食材を安く買えるってことですね。
環境に優しくて自分にとっても経済的なメリットがあるならぜひ利用したいです。
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
皆さんにはフードロス問題の内容や食べチョクで買えるお得な訳あり商品をぜひ知っていってもらいたいところです!

フードロスとは「食べられる食品なのに消費されずそのまま廃棄されてしまう」という問題のことを指します。

日本では食品ロス問題とも呼ばれていますが、これは世界の飢餓問題を考える際にも重要なポイントです。

この記事ではそんなフードロス問題の内容を解説しながら、一消費者でも問題解消の手伝いができる方法をご紹介していきます。

無駄な廃棄食品を出さないためには消費者が意識しながら食品を購入することが一番です。

廃棄される食品の中には、品質が同じでも傷が付いていたりするだけで出荷ができない訳あり商品というのもあります。

そんな訳あり商品を安く購入することもフードロス問題には有効なので、ぜひ参考にしていってください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

フードロス問題とは?食べチョクを利用して訳あり商品をお得に購入しよう!

野菜, バスケット, 野菜バスケット, 収穫, 生産, 有機, 新鮮な, 新鮮な食材, 新鮮な野菜, 各種

フードロスは日本だけでなく世界中で問題になっている出来事です。

その内容や定義についてまずはご覧いただきましょう。

フードロスの定義や概要

日本ではフードロスのことを「食品ロス」とも呼んでいます。

このフードロスには大きく分けて2種類のパターンがあります。

フードロスの種類

  • 事業活動を伴って発生するフードロス:「事業系食品ロス」
  • 各家庭から発生するフードロス:「家庭系食品ロス」

食品の卸業や外食産業によって本来食べられる食品が捨てられてしまうことを「事業系食品ロス」と呼び、各家庭で排出する食品ゴミのことを「家庭系食品ロス」と呼びます。

こちらは農林水産省がまとめた年間のフードロス量を示したデータです。

ご覧のように1年で600万トン以上の食品廃棄がおこなわれていることが分かります。

ちなみにデータにも書かれていますが、これは毎日お茶碗1杯分のゴハンをそのまま捨てている計算になっています。

また、この問題を考える上では世界のフードロス状況を見てみる必要もありますので、世界におけるデータもご紹介しておきましょう。

  • 世界中の年間フードロス量は13億トン
  • 生産されている食料の量は約40億トンなので、全体の1/3がフードロスになっている
  • 世界の人々のうち9人に1人は飢餓に苦しんでいるとうデータがある
  • 飢餓に困っている国への食糧支援は毎年およそ400万トン
  • 圧倒的に食糧支援が足りず、無駄な廃棄が多いことが分かる

このように世界に目を向けて見ると、年間食品廃棄物の量は13億トンにもなります。

世界で生産された食品のうち1/3が捨てられてしまっているにも関わらず、飢餓問題に苦しんでいる国への支援が十分になされていないことが問題というわけです。

さらに、フードロスは無駄な食品廃棄物を処理するためのコスト増加、そのゴミを埋め立てることによる環境問題へと繋がっていきます。

フードロスの問題点について

先ほどご覧いただいたように世界の貧困国への食糧支援は毎年およそ400トンとなっていますが、これは日本のフードロス量600万トンよりも少ない計算になります。

そのため、このように世界の飢餓問題は深刻化を増す一方です。

こうした食の不均衡を解消するためにも、フードロス問題を身近に捉えることは大切です。

さらに食品を処理するためのコストというのも考えなければいけません。

毎年600万トンもの食品廃棄物を適切に処理するためには相応の税金が投入されています。

また、処理されたゴミを埋め立てることによって環境問題にも悪影響を及ぼしているわけです。

無駄なゴミが増えればその分コストが上がり、税金がさらにアップする可能性もあります。

そうなると自分たちの生活も苦しくなりますので、普段から食材を買うときにこうした問題を意識することが大事なのです。

フードロスが発生するパターンや原因

フードロスが発生するのは以下のようなときです。

フードロス発生パターン

  • 傷が付いている、規格に合わない食材は出荷段階で廃棄に回されてしまう
  • 食品小売り段階での売れ残りや返品
  • 外食産業における食べ残し
  • 調理する際に可食部分まで取り除いてしまう
  • 各家庭で購入した食品の賞味期限切れ

このような形でフードロスというのは発生するわけですが、自分自身にも当てはまるものがきっとあるはずです。

こうした発生原因を理解しておくと、あらかじめ食材を購入するときに食べきれる量を考えたりするクセが付きます。

また、一番注目してもらいたいのは「出荷すら出来ない食品がある」という点です。

日本の場合だと、やはり野菜や果物は見た目がキレイなほど消費者の手に取られる機会が増えます。

そのため、食品を卸す業者は見た目がキレイなもの、規格に合ったものを仕入れて各小売店に流通させていくわけです。

しかし、多少の傷が付いている食材や規格に合わない食材でも、食べられる・美味しいことには違いがありません。

そうした観点から考えると、フードロス問題を解消するためにはいわゆる「訳あり食材」を積極的に購入することが大事と言えます。

そんなときにぜひ利用してもらいたいサイトが『食べチョク』というわけです。

フードロス問題を解消!食べチョクでおすすめの訳あり商品5選!

魚介類, 食品, 健康, 海, 新鮮な, 魚, レストラン, 夕食, グルメ, 料理, 食事, エビ, 貝

食べチョクは消費者と生産者を繋ぐために生まれた食品メインのECサイトです。

大規模な農場・牧場だけでなく小規模農家などもたくさん登録しているところが特徴的な部分です。

そんな食べチョクでは、一般的な食品流通経路にはあまり出荷されない「訳あり商品」も取り扱っています。

こうした訳あり商品は「ちょっと傷が付いている」「規格より少しサイズが小さい」といった理由で出荷されないだけで、中身自体には全く問題がありません。

ちなみに普段は高級食材を出荷している農家でもこうした訳あり商品は当然生まれますので、訳あり商品を買うというのは高品質なものを安く手に入れるチャンスとも言えます。

ここでは食べチョクで購入できる訳あり商品の中からおすすめのものを5つご紹介していきますので、ぜひご覧になっていってください。

フードロス支援!食べチョク訳あり商品①アグリプラント甲斐の木「島根県江津市産 笑ちゃんフルーツトマト2kg」

島根県江津市産 訳あり笑ちゃんフルーツトマト(2kg)

こちらは島根県江津市でフルーツトマト農家を営む「アグリプラント甲斐の木」から出品されている訳あり商品です。

ここで生産されているフルーツトマトは島根県の認証制度である「美味しまね認証」を取得しているので、味や品質、安全性については折り紙つきです。

訳あり商品として販売されている理由は「大きさが不揃い」「凹んでいる部分がある」「ちょっとした傷が付いている」といったものなので、味や安全性にはまったく影響がありません。

自宅で食べるのはもちろんのこと、個人飲食店であれば安くフルーツトマトを仕入れるチャンスと言えますので、ぜひチェックしてみてください。

カットしたりトマトソースにしたりすれば見た目を気にすることなく美味しくいただけます。

フードロス支援!食べチョク訳あり商品②アグレス「フードロス商品!野辺山ほうれん草カレーペースト」

フードロス商品!野辺山ほうれん草カレーペースト(一瓶250g、4,5人前)【3個セット】

長野県南佐久郡南牧村、八ヶ岳の麓でほうれん草農家を営む「アグレス」からは規格外のほうれん草を使ったカレーペーストをご紹介します。

こちらのアグレスのほうれん草はえぐみが少なく肉厚なところが特徴的です。

出荷できない原因のほとんどは「大きさ」と「見た目」といった理由なのですが、それでは廃棄されるほうれん草がもったいないということでカレーペーストを販売するようになりました。

この野辺山ほうれん草のカレーペーストは水で溶いて煮込むだけで簡単に本格的なカレーが味わえます。

ちなみに最近はアウトドアがブームということもあり、キャンプなどでも重宝されているようです。

フードロスを減らしながら美味しい料理が食べられるのであればまさに最高ですので、ぜひ一度お試しください。

フードロス支援!食べチョク訳あり商品③武ちゃん農場「甘みたっぷりジューシーたまねぎ5kg」

【訳あり】甘みたっぷりジューシーたまねぎ『玉笑ちゃん』5kg

次に紹介するのは、愛知県碧南市で100年以上続く農家「武ちゃん農場」で生産される「玉笑ちゃん5kg」です。

玉ねぎが5kgで699円というのは普通に考えてもかなりお得な商品と言えます。

この「玉笑みちゃん」は武ちゃん農場が誇る自慢の玉ねぎで、ミネラル満点で瑞々しい味わいが魅力です。

訳ありの理由は形がキレイに丸くなっていない、少し傷があるといったものなので、こちらも味や品質に問題はありません。

そのままスライスにして食べても辛みをほとんど感じず、ほかにも色々な料理に使える玉ねぎです。

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれるとも言いますので、健康に気を使っている人には特におすすめとなっています。

フードロス支援!食べチョク訳あり商品④吉本水産「 活き〆冷凍 車海老 500g」

【訳あり格安出品】 活き〆冷凍 車海老 500g (12~24尾) 不揃いな場合あり

こちらは大量に獲れすぎてしまった上に大きさが不揃いで出荷できなかった車海老を活〆のまま冷凍した商品です。

内容で言えば普通に出荷されている車海老とまったく変わりがありませんのでかなりお得です。

生産者は熊本県宇城市で車海老養殖業55年以上を誇る「吉本水産」で、その品質はまさに抜群となっています。

天ぷらやフライにして味わうには最高の車海老となっていますので、ぜひ一度味わってみてください。

フードロス支援!食べチョク訳あり商品⑤朝日共販「訳あり太筋釜揚げしらす1kg」

【愛媛県産】網元の隠し玉!訳あり太筋釜揚げしらす1kg

愛媛県でしらす漁を加工をおこなっている「朝日共販」からは、大きな身が特徴的な釜揚げしらすをご紹介します。

こちらの訳あり商品の理由は、なんと「しらすが大きすぎるから」というもの。

スーパーなどでは細身のしらすが人気ということがあり、身が大きなしらすは流通上で敬遠されているそうです。

そのため、サイズの大きいしらすはあまり出荷されないとのことですが、身の大きいしらすの方が味わいが濃くて食べ応えもあります。

しっかりとした身を持つ釜揚げしらすが1kgでこの値段はまさにお買い得と言えますので、どうぞ購入してみてください。

まとめ

世界中で問題になっているフードロスを少しでも解消するためには、ご覧いただいたような訳あり商品を積極的に購入していくことが大事です。

訳ありと言ってもその大半の理由は「不揃いなサイズ」「多少の傷」といったものになりますので、味や安全面においてはまったく影響がありません。

しかも訳あり品は普通のものより安く購入できるので、経済的でお得といった魅力があります。

フードロスを減らすためにこれからは食べチョクで訳あり商品を買ってみようと思います。
食べ子さん
食べ子さん
生産者さん
生産者さん
ご紹介した食材以外にも季節ごとの訳あり商品が販売されていますので、ぜひ一度食べチョクのホームページをチェックしてみてください。

\食べチョクへはこちらから/
▶︎ 公式サイトはコチラ

こだわりカテゴリの最新記事